80°05′

2019年1月、日本人冒険家・阿部雅龍は南極点に立った。メスナールートでの単独徒歩南極点到達。当時、日本人初の快挙である。しかし彼にとってその冒険はプロローグに過ぎなかった。 

 

1912年 犬ゾリで南極点を目指したものの南緯80度05分の地点で勇退した同郷秋田の探検家・白瀬矗。その地点から人類未踏のルートを開拓し、単独徒歩で南極点に立つことが阿部雅龍の悲願である。約100年の時を越えて受け継がれる意志。彼らは一体何に突き動かされて冒険に出るのだろうか。その問いを胸に、冒険家 阿部雅龍の姿を追った。

 

 

In January 2019, Japanese adventurer Masatatsu Abe stood at the South Pole. He reached the South Pole on foot, alone, on the Messner route. At the time, it was the first Japanese to achieve this feat. But that adventure was only the prologue for him. 

 

In 1912, Nobu Shirase, a Japanese explorer, attempted to reach the South Pole on a dogsled, but gave up at 80°05′ south latitude.  It is the dream of Masatatsu Abe to pioneer an unexplored route from the point of abandonment and stand alone on foot at the South Pole. What motivates them to go on an adventure? With this question in mind, I attempted to capture the adventurer Masatatsu Abe in photographs.