Profile


 

髙橋 こうた Kouta Takahashi

 

1986年 秋田県生まれ(千葉県在住)

 

2012年より独学で写真を学びながら日本の各都道府県や離島を巡り、撮影写真のSNS発信、旅や写真をテーマにしたイベント開催に携わる。

また日本の旅を通じて、地元・秋田の魅力を再認識し、その後 秋田を中心に作品づくりを進行。

そして約3年に渡り実家の祖父を撮影した作品で、初の個展「祖父の日常」を2019年1月に開催。

現在は東京を中心に作品づくり・個展開催を行いながら、広告写真の撮影やイベントの企画運営に携わっている。

 

【受賞】

 2019年  サンクチュアリ出版フォトアワード入賞

 

【個展】

 2019年  1月 「祖父の日常」      (Village、春日部)

 2019年  7月 「Blue Collection」 (Sloth、中野) 

 

【グループ展】

 2018年11月 「TOKYO / JAPAN」(THE KNOT、新宿)

 2018年12月 「TOKYO / JAPAN」(THE KNOT、新宿)

 2019年  1月 「TOKYO / JAPAN」(THE KNOT、新宿)

 2019年  2月 「TOKYO / JAPAN」(THE KNOT、新宿)

 2019年  3月 「TOKYO / JAPAN」(THE KNOT、新宿)

 2019年  4月 「TOKYO / JAPAN」(THE KNOT、新宿)

 2019年  8月 「TOKYO / JAPAN」(THE KNOT、新宿)

 2019年  9月 「Nobody knows」(Space B1-A、渋谷)

   2019年11月 「Fotogo-f5- exposition 2019」(Galerie Planète Rouge、Paris)

  

【マガジン掲載】

 2017年3月 - 2019年6月 「TOKYO / JAPAN」EINSTEIN STUDIO

 ▶︎ 掲載写真一覧  

Statement


 

私は主に「人間」を被写体に写真を撮っています。

 

以前、東京在住の友人に、地元・秋田で撮影した写真を見せたところ、その友人は秋田に関心を持ち、実際に現地を訪れてくれました。

その際、伝統芸能や食などに深く興味を示し、それ以降も毎月 秋田を訪れているとのことです。

 

私が友人に見せたのは観光名所の写真ではなく、祖父の日常生活を撮影した写真でした。

私の身近で撮った日常写真が人の心を動かし、行動を起こすきっかけとなれたことが単純に嬉しくて、その出来事を機に写真家を志ました。

 

私は5年にわたり日本47都道府県を旅してきましたが、印象に残っているのは人との出会いや、現地の方と接することで知ったその土地の文化・日常の暮らしです。

結局のところ「人間」に影響を与えられるのは「人間」なのだと思っています。

だからこそ私は人間を被写体に写真を撮り、この先 何を表現できるのか、人にどのような影響を与えられるか興味があります。

 

できれば私が生きている間だけでなく、100年後…200年後の時代においても誰かに影響を与えられる写真を撮りたいと、そう思っています。

 

まだまだ修行中の身ではありますが、私の写真を見てほんの少しでも何かを感じてもらえたら幸いです。

 

 

髙橋こうた