Tokyo Street


東京の街路は、広告写真で溢れている。

広告写真に彩られたショーウィンドウが並ぶ路を、日々、大勢の人々が行き交う光景。そこには販売戦略を仕掛ける生産者と、購買意欲に駆られる消費者、それぞれの欲望が渦巻き合っていた。そして一定期間が過ぎると、また異なる広告写真が街中に溢れる。

流行の移り変わりに合わせ、街並みが目紛しく変化し、その度に人間の様々な感情が重なり合う。田舎育ちの私にとってその光景は、非常に華やかで欲深き異世界に見えた。